寄り付き(寄付)


寄り付き(寄付)とは国内の証券取引所においては午前9時から始まる最初の売買のことを指し、株式市場においては1日の取引や後場の取引(昼休みを挟んで開始される最初の取引のこと。後場寄りという)で最初に成立する売買を示した言葉。「寄付」と表されていても読み方は「よりつき」。