預金税


預金税とは銀行預金残高に対して課税される税金のこと。財産税や資産税の一種と言われており、税金という名目で預金の一部(場合によっては全部)を国に徴収される。