有事のドル買い


有事のドル買いとは戦争等に武力に訴えた事件や予期せぬ出来事などの有事が起きた際に、基軸通貨の米ドルが買われること。逆に売られることを「有事のドル売り」と呼ぶ。有事のドル売りはアメリカ自身が有事の際(同時多発テロ時など)に起こった過去がある。また、米ドルだけでなく有事のスイス買い(スイス・フランが買われること)も現状では増えてきている。