ドルコスト平均効果


ドルコスト平均効果とは一定の間隔で一定の投資を行うこと(ドルコスト平均法)でリスクを抑える手法のこと。例えば毎月一定額で買い付けを行った場合、価格が下落しているときは多くの量を購入でき、価格が上昇しているときは量を抑えて購入することになります。これにより、平均コストを抑えることができ、効率的であると言われています。しかし、長期的に下落している相場の場合はマイナスになる場合もあります。