通貨安戦争


通貨安戦争とは自国の通貨の価値を下げようとする競争のこと。本来、通貨価値は高い方がいいとされていますが、通貨価値が下がることで自国の商品、サービス等が外国にたくさん売れる状態(輸出強の状態)が作れることにより、自国の経済状態が上向きになるためです。