長期金利


長期金利とは取引期間が1年以上の金利。一般的には10年物の国債利回りが代表的なものとして考えられている。これは住宅ローンの金利の基準とされている。逆に取引期間が1年以下の金利は短期金利と呼ばれる。