中心限月


中心限月とは建玉が満期を迎える月のことを限月といい、基本的には3月、6月、9月、12月が限月に当たる。この中で最も取引が多い月のことを中心限月と呼ぶ。東京金融取引所においてはニ取引日連続で取引量が多くなると中心限月の交代期であるとみなしています。