ソブリンリスク


ソブリンリスクとは外国の取引相手国に対する信用リスクのこと。取引相手国が国の事情により債務の返済や為替取引等が行われないリスクのこと。突発的な政変、金融政策、資本流入規制などにより締結していた為替取引が実行されなくなるリスクで、カントリーリスクとも呼ばれている。