ストキャスティクス


ストキャスティクスとは現在の相場水準の相対的な位置を表したもの。一定期間の変動幅において、安値からの相対的な位置の判断(売られすぎているのか、買われすぎているのかの判断)に用いる。大きく3つの指標があり、大本になる%K(現在値が安値から何%の位置にあるか)、%Kを平滑化して見やすくした「%D」、さらに%Dを分析するために移動平均化した%SDがある。