スティープ化


スティープ化とは金利曲線であるイールド・カーブの傾きがさらに右上がり(急)になっている状態のこと。反対にイールド・カーブの傾きが緩やかになることをフラットになると呼ぶ。スティープ化が起きている状態では、短期金利と長期金利の差が広がっていることを示している。