スタグフレーション


スタグフレーションとは景気が停滞している状態でインフレ(物価上昇)が進むこと。景気が停滞した場合は通常、需要が落ち、物価も下がる傾向にあるが、オイルショック時の日本では景気の停滞により賃金が下落する中で物価上昇の圧力が強い状態が生まれました。最大の原因は供給不足にあると言われています。