申告分離課税


申告分離課税とは個人で申告するべき課税の中で、他の所得と合算せずに単独で税額を計算し、確定申告時に納税を行う課税方式のこと。一定の期間で利益が出たか損失が生じたかを判断できる損益通算が可能なこと、損失の場合でも3年間の繰越控除が可能などの利点がある。