受託契約準則


受託契約準則とは金融商品取引法に基づいて取引所が定める規則で、取引参加者が市場での売買取引等で守らなければならない規則のこと。デリバディブ取引の条件や、決済方法等が規定されています。金融庁長官の認可事項の1つ。