ジニ係数


ジニ係数とは所得格差を図る指標の1つ。0~1の数値で表され、0に近いほど所得格差が小さいことを指名している。0.4がボーダーラインと呼ばれ、ここを超えると暴動等が起きる危険性が高いと言われている。先進国諸国では米国が0.40でトップ。日本は0.33(2013年現在)。→出典URL:http://www.globalnote.jp/post