レート・チェック


レート・チェックとは日本銀行が民間の市場関係者に為替相場を確認すること。日本銀行が為替相場が望ましくないと判断する場合に行われる傾向にあるため、レートチェックの動きが生じた場合、市場には介入の事前準備と受け取られるため、為替介入に対する警戒心が高まる。口先介入という場合もありえるが、牽制効果がうまれる。