流動性の罠


流動性の罠とは金融緩和政策によって名目金利が0近くまで低下し、投機的需要が大きくなる状態のこと。また、金融緩和政策自体が効力を失ってしまっている状態。これは手持ち資産を貨幣のままで保有しようとする投資家が増えることから、市場への供給量を増やしても投資増加が見込めないため起こる。