リクイディティ(流動性リスク)


リクイディティ(流動性リスク)とは流動性リスクのこと。資産運用では市場での取引量が少ないため、株式等を換金しようと思ってもすぐに売れなかったり、希望する価格で売れないリスクがある。単純に市場流動性を指すこともあり、リクイディティが高い、リクイディティが低いといった使い方もする。