リーマンショック


リーマンショックとは2008年9月に発生したアメリカの大手証券会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破たんが発端となり、世界的な金融危機を引き起こしてしまったこと。その原因がサブプライムローンであり、信用力が低い人や低所得者に向けて住居を担保とする高利貸しのこと。このリーマン・ブラザーズの経営破綻は世界経済に大きな打撃を与え、「100年に一度の経済危機」と呼ばれた。