マーケットインパクト


マーケットインパクトとは市場流動性が十分でない場合や大量の注文を出した場合に、自分の売買によって売値下落や買値上昇などの相場に影響を与えること。狙い通りの値段で売買ができなくなるため、機関投資家には見えないリスクとして認識されている。