マーク・トゥ・マーケット


マーク・トゥ・マーケットとは現在保有中のポジションを市場価格で計算したあとで時価評価に計算し直すこと。すべてのポジションにおいて日次、月次、年度末時点での建玉の損益を現在価値にすることで必要な証拠金が把握できるため、損益管理の基本とされています。