5・10日要因


5・10日要因とは毎月5日、10日の倍数の日に、ドル等の外貨が買われることで外貨不足の状態になること。これは、5日、10日の倍数日は手形決済日で、輸入企業が購入代金を支払うために外貨を購入する必要があるため、ドル等の外貨が買われるためです。この日を狙ったマネージメント理論も展開されている。