キャップ


キャップとは為替レートにおいて、ある一定の水準で上下変動を繰り返している場合、「もうこれ以上は上昇しないレベルに達している」という意味を示した言葉。また、将来に金利が上昇しても最初に設定した金利で資金調達可能である権利を示した言葉としても使用されることがある。