逆張り


逆張りとは為替市場の流れの反対方向へ売買取引をすること。例えば、相場が上昇しているときに売りの取引を行う、逆に相場が下降しているときに買いの取引を行うといったように、一般の投資家の行う取引の逆を行うことを指します。上昇・下落する相場はいつかピークを迎えるので、タイミングを正確に見極めることができれば、大きな利益を生み出すことになる取引テクニックです。