逆指値注文


逆指値注文とは相場が上下するかどうかわからない時、上昇トレンドに入った場合は買いを、下降トレンドに移った場合は売りを価格を決めて予め行っておく注文方法のこと。上手に設定することで思わぬ価格変動による損失を最小限に抑えることができる。