逆指値


逆指値とは相場が下がる最中(もしくは底値)で買い、上昇中(もしくは最高値)で売る通常の流れを指値と呼び、その逆を表す言葉です。上る途中で買い、下がる途中で売る手法で、主にリスクマネージメントの役割があります。損切をすることで損失を抑え、次の売買に繋げることができるFXでは必須と言ってもいいテクニックの1つです。