為替相場決定理論


為替相場決定理論とは様々な学説があるが、大きくフローアプローチ(一定期間の対外取引における受取・支払いの金額から為替レートを予想すること)とストックアプローチ(一時点の残高にもとづいて需給を捉え、投資資産に占める外貨資産の保有額の割合から為替レートを予想すること)の2種類に分類される。