為替スワップ


為替スワップとは主に貿易業者が活用している為替取引の1つ。日本の金融機関が円を担保に外国銀行から別通貨を借り入れ、一定期間経過後に別通貨を返すという仕組み。先物為替と直物為替の売買を同時に交差して行う取引のことを為替スワップ取引という。先に別通貨に買えることでその通貨を使った取引が可能となり、為替レートの変動による損失を防ぐ役割がある。