過剰流動性


過剰流動性とは行き過ぎた金融緩和政策により、市場のお金の流動性が高まっている状態。お金が余ることで過剰投資が引き起こされ、土地・株価の高騰へとつながり、バブル経済が形成される。この状態になるとインフレが懸念され、相場は基本的に下落する傾向にあるため、特に発展途上国の情勢には留意する必要がある。