プラザ合意


プラザ合意とは1985年9月に先進国5カ国の蔵相会談で合意された、ドル高是正のためのG5各国の協調介入決定の取り決めのこと。当時1ドル240円だったドル-円相場は、この協調介入を経て3年で1ドル120台まで円高が急速に進むこととなった。