隠密介入(覆面介入)


隠密介入(覆面介入)とは政府や中央銀行が非公表で介入を行うこと。市場に公表せず介入することで外国為替市場の相場を操作する目的で実施する。急激な為替の変動は企業経営の悪化等、経済に悪影響を与えるため、日本ではあくまで円相場を安定させるために行われることがある。