オペレーション・ツイスト


オペレーション・ツイストとは中央銀行が行う金利政策の1種で、保有している満期日が違う債権を売却し、長期債権へ乗り換えること。保有している債権を売却するため、市場の通貨供給量は変化せず、資産規模の変化もないため、長期金利引き下げの効果がある。