円安・円高


円安・円高とは円の通貨価値が高いか低いかを表した指標。例えば現状が1ドル=100円だったとして、これが1ドル=80円になった場合は円高(100円出して購入していたものが80円で買える=円の価値が上がっている)、1ドル=120円の場合は円安(120円出さないと変えない。余計にお金がかかる=円の価値が下がっている)となる。