アウト・オブ・ザ・マネー


アウト・オブ・ザ・マネーとは予め定めた価格で取引をしても市場の取引で買い手に損失が生まれる状態のこと。権利行使価格が市場価格よりも安いオプションになっていることを示します。この場合、オプションを行使せず、直接市場で買った方が安値で購入することができます。