相対取引


相対取引とは「あいたい」取引と読み、魚市場のせりのように売り手と買い手が1対1で交渉を行い、取引をすること。金融機関等の取引者が売り手・買い手となり、売買内容(取引価格や数量、決済方法、期日など)を決定します。