トレンドとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

トレンドとは相場の流れの傾向のことです。為替相場は常に上下運動を繰り返していますが、チャート化すると右肩上がりに伸び続けていたり、右肩下がりになっていたり、日ごとの高値、安値は違えど横ばいの状態であったりと様々な動きを見せます。

トレンドの見方

トレンド

この、右肩上がりに伸びていく傾向のことを上昇トレンドといい、相場が上がる力が強い相場を意味します。

トレンド

逆に右下がりに伸びていく状態のことを下降トレンドと呼び、下降する力が強い相場を指します。

トレンド

上下しながらも相場が横ばいの状態になっている状態は横ばい(ボックス)と呼びます。

FXにおいて、大きな損失を出さないためにはこのトレンドを読み取る必要があります

トレンドの重要性

トレンドを正確に読み取ることでFXではきっちりとした利益を得ることができます。
FXで大損をしてしまった、負けてしまったという人はトレンドの正確に読み取ることができずに予想と反して相場が上下動をするといったケースが多いです。
上昇トレンド中に「相場が上がりきったら売ろう」とポジションを保有していて、気がついたらどんどん相場が下がり始め、「また上がるだろう」と予想して我慢するも下落を続けて大損をしたり、「これ以上は上がらないだろう」と予測して売りを行ったら逆に相場が上がり続け結果的に損をしてしまう。これは「予測に基づいたトレード」ではありえることなのです。
そこで、トレンドを正確に読み取り、これから先どのような動きかを予測するための代表的な指針として「レジスタンスライン」と「サポートライン」があるのです。

チャートを駆使してトレンドを読み切る

レジスタンスラインとサポートラインを引くことで相場の状態を把握することができます。そしてこの2線は相場の反転の予測、つまり、トレンドの変化を読み取るためにも使うことができるのです。レジスタンスラインを下から上に抜けた場合、強い上昇トレンドになることが予想できます。
逆にサポートラインを上から下に抜けた場合、上昇トレンド中であっても下降トレンドに切り替わるタイミングになります。

レジスタンスラインを下から上に抜けた時、サポートラインを上から下に抜けたときにそれまでのトレンドが終わることが多いため、この2本の線を用いたトレンド把握はFXトレーダーにとって非常に大切なことなのです。