トレンドラインの引き方(サポートライン、レジスタンスライン)

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

トレンドラインとはレジスタンスラインとサポートラインの2つの線をあわせたものを指します。

トレンドラインの見方

トレンドラインを引くことで相場のトレンドの状況を把握することができ、今のトレンドが継続するのか、上昇するのか、それとも下降するのかの判断がしやすくなります。FXではトレンドの変化を見極めることが収支に大きな影響を与えるのでとても大切なシグナルになります。

レジスタンスラインは、一定期間内の高値同士を結んだ直線のことです。
サポートラインは逆に一定期間内の安値同士を結んだ直線のことです。

トレンドラインを引くときはヒゲの先端部分を直線で結ぶように引きます。このとき、一定期間内に複数のローソク足、ヒゲが存在しますがポイントはトレンドラインより外側にヒゲが出ないように線を引くことです。

トレンドラインはラインブレイク(レジスタンスラインを超える値動きを見せたり、サポートラインを下抜けする値動きを見せること)により相場の上昇、下降を先読みするために引くラインなので、2線の間にローソク足とヒゲが収まる状態になるように引きましょう。
基準となる1点を選び、もう1点をどのローソク足にするとラインとヒゲが重ならないかを考えるときれいなトレンドラインがひけます。

トレンドライン

上図のように、ヒゲの先端同士を結んでいくのですが、このとき、ローソク足にレジスタンスライン、サポートラインがかからないように引いていくことがポイントです。

この2本の線を超える(ブレイクという)動きを見せるとその方向にトレンドが傾きます。

一番左のレジスタンスラインとサポートラインではサポートラインの終わりの部分でサポートラインを割り込むような値動きをしています。これが下降トレンドへの転換の合図になるのです。

真中のトレンドラインでは、レジスタンスラインの終わりでレジスタンスラインを超えるような値動きをしています。これが上昇トレンドへの変換の合図になります。

レジスタンスライン、サポートラインをしっかりとひくことでこのようにその後の相場のトレンドを読み取ることができます。