トレンドラインの引き方

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

なぜトレンドラインを引くかというと、今の相場の流れを掴むと同時にブレイクポイントを掌握する点にあります。こちらの図を見て分かる通り、ブレイクすると反対のトレンドになることがよくあります。

トレンドライン

トレンドラインの見方

上昇トレンドの時

一番左のチャートは右肩上がりですね。これは上昇トレンドと呼ばれています。 この上昇トレンドに対してトレンドラインを引くには、ローソク足の下側(安値)を結びます。これをサポートライン(下値支持線)と言います。

下降トレンドの時

次の右肩下がりのチャートは下降トレンドと呼ばれています。 この下降トレンドにトレンドラインを引くには、ローソク足の上側(高値)を結びます。これをレジスタンスライン(上値抵抗線)と言います。

横ばい(ボックス)トレンドの時

上昇トレンドでも下降トレンドでもない横ばいの時は、上にレジスタンスライン、下にサポートラインを引きます。そうすることで、上下どちらにブレイクしても分かるようになります。

トレンドラインの引き方のコツ

・トレンドラインには出来るだけ多くのローソク足を含ませる
・あまり正確に引こうとしなくていい(時間の無駄)
・ローソク足のヒゲは無視しても良い