ストキャスティクスとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

ストキャスティクスとは、現在の相場が「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標です。もし買われすぎなら「売りへの転換」が近いことが分かります。つまりストキャスティクスは逆張りのトレード手法です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスの見方

ストキャスティクスでは、%Kライン、%Dライン、そして%Dラインの反応をゆるめたSlow%Dラインで分析します。

0〜100%の縦軸で、30%以下が売られすぎ、70%以上が買われすぎと判断します。

ストキャスティクス

買いシグナル

  • 30%より下に%Kラインと%Dラインがある時
  • 25%より下で%Kラインが%Dラインを下から上に突き抜けた時
  • %DラインがSlow%Dラインを下から上に突き抜けた時

売りシグナル

  • 70%より上に%Kラインと%Dラインがある時
  • 75%より上で%Kラインが%Dラインを上から下に突き抜けた時
  • %DラインがSlow%Dラインを上から下に突き抜けた時