RSIとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

RSIとはストキャスティクスと同様に「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断するオシレーター系テクニカル指標です。

RSIとは「相対力指数」の役でマーケットの過熱度合いを判断します。
トレンドの終わりや、もみ合い(ボックス相場)の時に役立つ逆張りの指標です。

RSI

RSIの見方

RSIは1本の線だけで分析が可能ですが、上の図のように短期・中期の2本のRSIを同時に表示できます。短期の線ほどアップダウンが激しく、売買サインも頻発します。つまりその分ダマシが多くなります。

RSIを使うときはボリンジャーバンドや一目均衡表など他のテクニカル指標と合わせて使用するとよいでしょう。

RSI

買いシグナル

  • RSIが30%を下回り、再び30%以上に上昇した時

売りシグナル

  • RSIが70%を上回り、再び70%以下に下降した時

RSIの逆行現象

RSIでは逆行現象と呼ばれるものがあります。逆行現象とはレートとRSIが反対の方向に動くことです。これもサインの一つなので注意しましょう。この逆行現象が起こるとトレンドの終了を示唆する重要なサインとなります。

  • RSIが70%に上昇している(=買われすぎのはず)なのにレートが下降
  • RCIが30%に下降している(=売られすぎのはず)なのにレートが上昇