レンジ分析とは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

一定の相場の値幅で売買が均衡し、値動きの幅が小さくなる状態が続くことをレンジといいます。レンジを正確に分析することができれば、損切りのタイミングを図ることができるためムダな取引を減らすことができ、収支を安定的にすることができるために、覚えておきたいテクニカル分析の1つです。

レンジ分析の基礎

レンジ分析

上のチャート内に、高値、底値の部分を基準にして下図のような2本のラインを引きます。

レンジ分析

高値を基準としたレジスタンスライン、安値を基準としたサポートラインの2本のラインを引くと、2本の水平線の中で相場が上下動を繰り返しており、上のラインを超えると相場が上昇し、下のラインを超えると相場が下落するといったチャートになります。

このようにレジスタンスラインとサポートラインの平行線の中で相場が上下動を繰り返している状態がレンジです。レンジの特徴としてラインブレイクをするとその方向に相場が変動します。

レジスタンスラインを上に抜けると相場は上がり、サポートラインを下に抜けると相場が下がる傾向にあります。このようにラインを抜ける動きをすることをラインブレイクと呼びます。ラインブレイクはその後の相場の動きの傾向を読み取る上で非常に大切になるため、ラインブレイク時にはその後の相場の動向を注視するようにしましょう。

だましについて

レンジ分析

ラインブレイクの方向に相場が変動することが基本ですが、チャート分析で注意しなければならないことが「だまし」です。
上図の◯部分を見ると、レジスタンスラインをブレイクしているにも関わらず、相場が上昇していません。このように、ラインブレイク後にすぐに相場が戻ってしまうこともあるため、判断が難しいとも言えます。このだましに対応することが収支を安定させるために非常に重要です。

だましに対応するためには?

だましに上手に対応するためには、多くの経験や分析が必要になりますが、ラインブレイク後にラインを追加することでより詳細な分析が可能になります。中にはだましが生まれるとレジスタンスラインやサポートラインを消してしまう方もいますが、1度引いた線を安易に消さないようにしましょう。

それは、初めに引いたレジスタンスラインやサポートラインが次のレンジ相場の分析に使えるからです。

レンジ分析

上図は先程のだまし後に相場が一度レンジ内で下落し、その後再びレジスタンスラインをブレイクした後の状態を表しており、③の高値の部分にレジスタンスラインを追加したものです。③のラインを追加するのはレジスタンスラインをブレイクした後に③の高値をつけて相場が安定したあとにしらばくして相場が下落したときです。

この③のラインを引くと、①③間で新たなレンジ相場が生まれていることに気づきますか?
矢印の部分を見ると、最初に引いたレジスタンスライン(①のライン)が①③間で見るとサポートラインの役割を果たしていることがわかります。 ③の高値後に相場が下落し、①のラインをブレイクするかのように相場が下落しますが、①のラインに振れそうなタイミングで相場が反転しています。

このように、過去のラインは新たな相場を見つけるための指針となるので、だましが生じたとしても消さずに残しておきましょう。

ラインをつけ加えて相場を読み切る

レジスタンスラインとサポートラインを用いたレンジ分析では、最初に引いたラインのみを信用しすぎると相場の動きにうまく対応できない場合があります。慣れと経験がものを言う世界ですから、初めのうちは細かくチャートの動きを見て、レジスタンスラインとサポートラインを書き込むようにしましょう。

レンジ分析

上図のように、複数のラインを書き込んで、その中で信頼性の高いものだけ残していくようにしましょう。

ラインブレイクのタイミングとその後の相場の動きを元に、「ラインブレイク後はブレイクした方向に相場が動く」ことと「だまし」を意識すると当てはまらないラインが見つかるので、そのようなラインは消していきましょう。