ピラミッティングとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

ピラミッティングとは、買い増しを行うことで保有のポジションを増やしていくことです。ナンピンとと違って、相場が予想通りの動きをした際に少しずつポジションを増やしていくため、安全性が高い手法として多くのトレーダーが取り入れている運用方法です

ピラミッティングのやり方

ピラミッティングとは、買い増しを行うことで保有のポジションを増やしていくことです。ナンピンとと違って、相場が予想通りの動きをした際に少しずつポジションを増やしていくため、安全性が高い手法として多くのトレーダーが取り入れている運用方法です。

最初の取引で「これから相場は上がるだろう」と予測してポジションを買ったとします。その後、予想通りに相場が動いたとき、さらにポジションを買い増しし、その後も予想通りに相場が動いたら買い増しをする。その購入する数を初めは5枚、次は3枚、その次は2枚と減らして購入することで予想に反して相場が変動した時のリスクマネージメントしながら利益を増やすことができます。5枚、3枚、2枚と積み重ねる枚数を減らしていくことを、ピラミッドに見立ててピラミッティングと呼ばれています。

ピラミッティング

ナンピンやドテンといった強気の取引ではなく、予想通りに動いたときに少量をプラスしていく手法のため、大損を起こす危険性が低い点が人気の理由の1つです。

相場の動向がわかりにくい場合は、最初の取引数を少なくし、徐々に取引量を増やして「逆ピラミッド」型を形成していく方法もあります。

買いポジションの場合、大きな利益にするためには、最初のエントリー時に大量に購入し、高値になったときにすべてを売り決済することが必要ですが、相場は流動性が強いため、予測が外れることも往々にしてあります。ですから、初期投資を抑えて動向を把握して、予想通りに動いたときに取引数を増やすことで、トータルでの利益は最初に大量に購入する場合と比べると下がりますが、利益の安定化が可能となります。

また、買う場合だけでなく売る場合でも同様に売り増しをしていく方法があります。

ピラミッティング

下がるであろうと予想して、最初に一定数を売り、その予想と同じ動きをしたとき、少しずつ売りの取引数を増やしていく方法です。これにより、予想に反して相場が上昇した場合、ポジションを確保することで安定した利益確保が可能になります。

もちろん、利益の大小を考えると一気に取引をしてしまった方が利益が大きいですが、損失になる可能性も高くなります。想定通りにレートが動けばいいですが、想定外が起きると予想以上の損失が生まれてしまいます。想定外のレート変動が起きることに備えて、上手にピラミッティングすることが、長期的に安定した収益を得ることができるのです。