窓埋めとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部
<

窓とは

週末の市場の終値と翌週の市場の始値に価格差が生じることがあり、下の図のように前日のローソク足と当日のローソク足との間に空白の部分が生じることがあります。このことを空間のことを「窓」と呼び、これが生じることを窓開けと言います。

窓埋め

このような価格差が生じる「窓開け」に対して、空白部分に向けて市場価格が変動することを「窓埋め」といいます。

ギャップアップとギャップダウン
窓開けには2種類あり、
キャップアップ:前週の終値より当日の始値が高くなること
ギャップダウン:前週の終値より当日の始値が低くなること
があります。

国際情勢やその通貨を使用している国の情勢などの材料によって週明けに市場価格が変動することが理由と言われています。

窓埋めとは

ギャップアップ、ギャップダウンに対して、窓が開く前の価格の方向に市場価格が変動する動きを見せることを窓埋めといいます。下の図のように、大きくギャップアップした後、一定時間が経つと価格が下がり、その空白部分を埋めるようなローソク足が出現していることがわかります。

窓埋め

FXでは、窓開けに対して窓埋めが起こると考えられることが多いです。しかし、他のチャート分析同様、必ずしも窓埋めが起こるとは限りません。

1つの目安として窓開けが起きたら窓埋めが起こる可能性が高いと覚えておくようにしましょう。特に、大きなギャップアップ、ギャップダウンに対しては窓埋めが起きないこともしばしばあります。窓埋めは、逆張り論理が基本ですから、タイミングを見計らって注意して行わないと損失を大きくしてしまう結果になります。

確実ではありませんが、ギャップアップやギャップダウンが小さいときに特に起こりやすいです。逆にその差が大きければ大きいほど、市場の売買シグナルの反転を示唆するため窓埋めが起きない可能性を考えなければなりません。

窓埋めは逆張りである。このことを忘れずに上手にトレードをして収益を伸ばしていきましょう