MACDとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

移動平均線を応用したもので、ストキャスティクス、RSI、ウィリアムズ%Rのように短期・長期移動平均線の離れ具合から市場での「売られすぎ」「買われすぎ」を判断するテクニカル指標です。

MACD(マックディ)のポイント

MACDライン、シグナルライン、0ラインの3種類の線で売りサインと買いサインを判断します。

MACD

①トレンドの識別

MACDラインとシグナルラインの位置によって判断します。

2本とも0ラインの下にある場合→下降トレンド
2本とも0ラインより上にある場合→上昇トレンド

②売買サインの判断ポイント

売りサイン
0ラインより下でMACDがシグナルを上から下に抜いた(デッドクロス)とき
0ラインを割り込むとき(上から下に抜くとき)

買いサイン
0ラインより上でMACDがシグナルを下から上に抜いた(ゴールデンクロス)とき
0ラインを超えるとき(下から上に抜くとき)

トレンドには強く揉み合いに弱い

MACDはトレンド相場に非常に強いテクニカル指標です。
MACDとシグナルのクロスにより上下動が明確化され、的確に相場の山、谷を捉えます。一方で揉み合い状態ではMACDとシグナルが越したり越されたりの状態になるため、横ばいの場合は他のテクニカル指標を使うか様子見を行いましょう。