MACDとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

MACD(マックディ)とは移動平均線を応用したテクニカル指標です。

MACDは、短期と長期の移動平均線の乖離率(かいりりつ=離れ具合)から「買われすぎ」や「売られすぎ」といったマーケットの過熱度合いを判断します。その点ストキャスティクスと同様にオシレーター系とも呼ばれますが、トレンドも同時に見ることができるのでトレンド系と呼ぶ人もいます。

MACD

MACDの見方

MACDはもみ合い時よりもトレンドが発生している時に役立ちます。トレンドがないときはダマシも多いので、ボリンジャーバンドや一目均衡表など他のテクニカル指標と合わせて使用するとよいです。

MACD

買いシグナル

  • MACDが0ラインより下でシグナルを下から上に抜いた時
  • MACDが0ラインを上回ると上昇トレンド

売りシグナル

  • MACDが0ラインより上でシグナルを上から下に抜いた時
  • MACDが0ラインを下回ると下降トレンド