ライントレード分析とは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

ライントレード分析とは、サポートラインやレジスタンスラインを引き、相場のトレンドを把握して未来の価格推移を読み取ったり、損切りに利用したりする分析のことです。

上昇トレンドの読み取り

ライントレード分析

上図のようにサポートラインとレジスタンスラインを引き、2本のラインが右肩上がりになっていて、そのラインの間で相場が変動していると上昇トレンドの状態を示します。レジスタンスラインを抜けるとさらに強い相場の上昇、サポートラインを抜けるとトレンドの反転(下降トレンドへの推移)のサインとなります。

下降トレンドの読み取り

ライントレード分析

レジスタンスラインとサポートラインを引き、2本のラインが右下がりになっていて、その間で相場が動いている場合を下降トレンドの状態といいます。レジスタンスラインを超えるとトレンドの反転のサイン、サポートラインを抜けるとさらに相場が下落するサインとして見られています

.

ラインブレイクと相場の反転

ライントレード分析

トレンドは上昇トレンドと下降トレンドを繰り返します。上の2つの図を組合せてみると下図のようになります。

最初に上昇トレンドであった相場の推移ですが、上昇トレンド中のサポートラインをブレイクすると、そこから相場が下落して下降トレンドに反転していることがわかります。このように上昇トレンド、下降トレンド中にラインブレイクが生じるとトレンドが反転する傾向にあるため、日々のチャート分析をしっかりと行い、トレンドの反転を読み取る必要があります。

長期的なラインを引いてブレイクの方向性を読み取る

ここまでは短期のトレンドの読み取りでしたが、相場は日々変動しており、長期的なトレンドを読み取ることも安定した収益を得るためには必要です。一般的にトレンドラインは1点の安値(もしくは高値)を基準として3本引けると言われています

ライントレード分析

図のように1つの安値を基準として複数のトレンドラインを引いてみましょう。どれも右肩上がりの状態になっているため、長期的な視点で見てもこのチャートは上昇トレンドを表していることがわかります。
まず最初に、長期的に見て相場の状態が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを読み取ること。次に短期的な幅で見て細かな上昇トレンドと下降トレンドを読み取りトレードしていきましょう。特にデイトレーダーは短期的な取引を繰り返し行うため、小さな変化も見逃すことができません。長期的な大枠で捉え、短期的な小さな変化を把握できるように、トレンドラインとサポートラインを上手に引いて収益の安定化を図りましょう。