順張り・逆張りとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

順張り・逆張りとは相場の状況に応じてレートを売買するときに使われる用語です。

順張りと逆張りの違い

順張り

「上がったから買う、下がったから売る」という相場の状況に沿った取引を行うこと
→相場の状況に沿っているためローリスク・ローリターン

逆張り

「上がりそうだから買う、下がりそうだから売る」という予測を元に取引を行うこと
→予想が当たればハイリターンですが、外れた場合の損失が大きくなる

順張りだけでも逆張りだけでも利益を残すことはできません。初心者の方はリスクの少ない順張りから行うようにしましょう。順張りをする中でトレンドラインの引き方やチャートの読み方等の知識を身に着け、FXでの取引に慣れてきたときに逆張りも並行して行うという手法を取ったほうがいいです。

FXを始めてすぐに「下がりそうだから」「上がりそうだから」と判断するのは非常に危険です。もちろん、その予測が当たればいいですが、リスクが高すぎます。
予測といってもFXではチャートの読み方、反転のタイミング、トレンドの転換など逆張りの成功確率を上げるために必要な知識はたくさんあります。
その知識に加えて経験がモノをいう世界ですから、初めから一発勝負を挑むのではなく順張りで取引に慣れ、勝ちという経験を積んでから逆張りに挑戦するようにしましょう。