一目均衡表の見方

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

一目均衡表は今や世界中のトレーダーが使っていますが、元々は日本人が大勢のスタッフと長い年月をかけて考案したテクニカル指標です。

一目均衡表

一目均衡表の仕組み

一目均衡表は転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5本の補助線から出来ています。

転換線、基準線…直近の売買レートの相場水準

  • 先行スパン…将来の売買レートの相場水準
  • 遅行スパン…過去と現在のレート比較

そして2本の先行スパンに囲まれたグレーの部分は「雲」と言います。

一目均衡表の見方は下記のようにたくさんあります。その分あらゆる角度からの分析なので信頼性の高い結果が得られます。

一目均衡表の見方

雲とレートの位置関係でトレンドの方向性を見る

  • 雲がレートより下の時は、上昇トレンド。
  • 雲がレートより上の時は、下降トレンド。

その他の雲の見方はこちらです。

  • 雲の幅が広い場合、レートが反転しづらい
  • 雲の幅が狭い場合、相場が反転しやすい傾向
  • 雲を作る2つの先行スパンがクロスした場合、レートの反転、トレンドが急激に上昇、下降する傾向がある

基準線と転換線との位置関係でトレンドの方向性を見る

  • 転換線が基準線より上の時は、上昇トレンド。
  • 転換線が基準線より下の時は、下降トレンド。
  • 転換線が基準線を下から上に抜けた時が、買いサイン。
  • 転換線が基準線を上から下に抜けた時が、売りサイン。

遅行スパンでトレンドの方向性を見る

  • 遅行スパンが26日前のレートより上の時は、上昇トレンド。
  • 遅行スパンが26日前のレートより下の時は、下降トレンド。
  • 遅行スパンが26日前のレートを下から上に抜けた時が、買いサイン。
  • 遅行スパンが26日前のレートを上から下に抜けた時が、売りサイン。

一目均衡表のなかでも、この遅行線が特に信頼性が高いと言われています。

三役好転と三役逆転

主な一目均衡表の見方は上記の3つのポイントが上げられます。そして3つの条件全てが同時に満たした場合を三役好転、三役逆転という言い方をします。この時はとても強い売買シグナルとなります。