一目均衡表のとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

日本人が考案したテクニカル指標で、多くの期間とスタッフをかけて構築しました。5本の補助線からトレンドの方向性を読み取る指標で、今では世界中の多くのトレーダーが使用しています。

一目均衡表の仕組み

一目均衡表

一目均衡表は5本の補助線から出来ています。

①基準線…直近の売買レートの相場水準を表す。26日間の最高値と最安値から算出。
②転換線…直近の売買レートの相場水準を表す。9日間の最高値と最安値から算出。
③先行スパン1…将来の売買レートの相場水準を表す。基準線と転換線を足して2で割ったもので算出。
④先行スパン2…将来の売買レートの相場水準を表す。過去52日間の最高値と最安値から算出。
⑤遅行スパン…過去と現在のレートを比較したもの。計算式はなく、26日間の値動きを遡って表示している。

2本の先行スパンに囲まれた部分(図のグレーの部分)は雲と呼ばれます。この5本の補助線と雲の状態でトレンドの方向性を読み取ることに使われます。

一目均衡表の見方

下記のようにたくさんありますが、あらゆる角度から分析することができるため、高い信頼性のデータを読み取ることができます。

①トレンドの方向性を読み取る
・レートが雲より上のときが上昇トレンド(①のとき)、下のときが下降トレンド(②のとき)
・転換線が基準線より上のときが上昇トレンド(③のとき)、下のときが下降トレンド(②のとき)
・遅行スパンが26日前のレートより上のときは上昇トレンド、下のときは下降トレンド

②買いサインと売りサイン
・転換線が基準線を下から上に抜けたら買い(③のとき)、上から下に抜けたら売りサイン(④のとき)
・遅行スパンが26日前のレートを下から上に抜けたら買い、上から下に抜けたら売りサイン

③レート反転のしやすさ
・雲の幅が広いとレートが反転しにくく(②のところ)、狭い場合は反転しやすい(①の期間) ・2つの先行スパンがクロスしたら反転、トレンドの急上昇・急下降が起きやすい(⑤のような場合)

強い売買シグナルになる場合

レートと雲の関係、転換線と基準線の関係、遅行スパンと26日前のレートの関係において、3つの関係性が全て上昇に向かう場合や全て下降に向かう場合を三役好転、三役逆転といい、この状況が生じた場合には、価格の変動が急激に変化する可能性が高まります。