フィボナッチリトレースメントとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

相場の押し・戻りのポイントを予測するテクニカル指標で、省略してフィボナッチとも呼ばれます。

フィボナッチリトレースメント

比に着目して作られたチャートで、フィボナッチでは61.8%、50%、38.2%の数値がよく使われます。他にも23.6%、76.4%、100%と言った数値を表示できるFXサイトもあり、その数値上にラインを引いてし、戻りを予測していくのです。これらの数値のライン上で反転することが多いことから、トレンド転換のサインとしても用いられています。

フィボナッチリトレースメント

上の図の場合、23.6%のラインを下に抜いた後に一度価格が下落し、50%のラインに到達したとき、反発して価格が上昇しています。このように、フィボナッチのラインに到達した際にその後の価格に変動が生じることが多いのです。このことを利用して、押し目買いと戻り売りを行うことで安定した取引を行うことができます。

押し目買いのポイント:上昇トレンド中の高値から、23.6%、38.2%、50.0%のラインまで下がったとき

フィボナッチリトレースメント

戻り売りのポイント:下降トレンド中の安値から、23.6%、38.2%、50.0%のラインまで上がったとき

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチの注意点

高値と安値を元に計算するフィボナッチを用いる場合、明確な天井や底値圏を見つけておくことが必要です。上記のどの数値のラインで相場が反転するかは分かりませんが、トレンドが強いほど23.6%や38.2%などの浅い位置が押し目買いや戻り売りのポイントになります。

また、フィボナッチを用いた売買を行う際はエントリー後に0%のラインに到達したら決済するようにしましょう。