DMIとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

DMIは方向性指標とも呼ばれており、トレンドの勢いを読み取ることに適したチャートです。+DIとーDIの2本のラインの関係性から市場のトレンド状況を把握することができます。

DMIとは

DMIは方向性指標とも呼ばれており、トレンドの勢いを読み取ることに適したチャートです。+DIとーDIの2本のラインの関係性から市場のトレンド状況を把握することができます。

DI、DMとは

DIの算出は連日の+DMとーDMの合計から算出されます。+DMは前日の高値と当日の高値の差、―DMは前日の安値と当日の安値の差で算出されます。

DMI

この数値の合計をTRと呼ばれる前日の終値と当日の安値の差の合計で割った値が+DI,―DIとなります。

+DI・-DIを用いた相場の読み取り方

+DIとーDIは下図のようになります。

DMI

上昇トレンド期間では+DIが上に、下降トレンド期間ではーDIが下に来ていることがわかります。このように相場のトレンドに応じて+DIとーDIが変動していくためトレンドを読み取ることができます。

+DIがーDIを下から上に超えるとき、上昇トレンドへの転換を示すため買いシグナルとなります。
+DIがーDIを上から下に割り込むとき、下降トレンドへの転換を示すため売りシグナルとなります。

DMIの長所と短所

緩やかな相場の変動を見せるローソク足だけではトレンドの方向性を正確に読み取ることができないため、相場が上がっているのか下がっているのかを明確にするDMIでトレンドの方向性を読み取る必要があるのです。

しかしDMI単体ではダマシに対応しきれないため、ADXというトレンドの強さを図る指標を併用することが一般的です。+DIとーDIがクロスした後にADXが下落してきた+DIを上に抜いたら売り、―DIを上に抜いた場合は買いとそれぞれのサインになります。

またDMIは完全ではなく、トレンドには強いですが揉み合いには非常に弱いため、揉み合い時には他の指標を使用してその後の相場の動きを予測するか、様子見に徹することをおすすめします。