ローソク足の見方

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

ローソク足とは、為替相場の推移が一目でわかるようにグラフに表したものです。ちなみに今では世界中のトレーダーが使うローソク足ですが、江戸時代に出羽国の本間宗久が発案し、大阪・堂島の米取引で使われたという伝説が広く知られているようです(wikipediaより)。

ローソク足の見方

ローソク足は陽線と陰線そしてヒゲで構成されています。 上の図では陽線は「赤」、陰線は「青や黒」としていますが、陽線も陰線も色のルールは決まっていないのでFX会社によって色の付け方がバラバラです。この点だけご注意ください。

ローソク足の見方

陽線は、始値(はじまりね)より終値(おわりね)が高い = 右肩上がり
陰線は、始値より終値が安い = 右肩下がり

その他に、始値(寄り付き)と終値(引け値)が同じ寄引同時線というのもあります。

ローソク足のパターン

ローソク足は形状によって意味や特徴があります。以下を覚えることはFXを始めるにあたって必須ではありませんが、後々覚えるとテクニカル分析に役に立ちます。

  • 大陽線

    大陽線

    相場の強い上昇期待を表わすローソク足。ヒゲの有無や長さなどにより意味合いが微妙に変わります。以下の「陽の丸坊主、陽の寄付坊主、陽の大引け坊主」はその仲間です。

  • 陽の丸坊主

    陽の丸坊主

    ヒゲのないローソク足のことを「丸坊主」といいます。陽線なら買い勢力が圧倒的に優勢です。安値圏にこれが出ると上昇転換のシグナル。

  • 陽の寄付き坊主

    陽の寄付き坊主

    寄り付き後大幅上昇したが、取引終了までは続かずやや押し戻されて引けた状態。高値圏で長めの上ひげで出現すると下落の可能性を示唆。

  • 小陽線

    小陽線

    価格が上昇したまま強い保ち合いの状態。売り買いのエネルギーが拮抗している状態です。

  • 下影陽線

    下影陽線

    小陽線の下に長いヒゲが伸びた陽線。買い勢力が押し上げた形。

  • 上影陽線

    上影陽線

    小陽線の上に長いヒゲが伸びた陽線。売り勢力に押し戻された形。

  • 大陰線

    大陰線

    相場の強い売り優勢を表わすローソク足。以下の「陰の丸坊主、陰の寄付坊主、陰の大引け坊主」はその仲間です。

  • 陰の丸坊主

    陰の丸坊主

    陰線なら売り勢力が圧倒的に優勢です。天井圏にこれが出ると、下降転換を示唆。

  • 陰の寄付き坊主

    陰の寄付き坊主

    寄り付き後大幅下落したが、取引終了までに売り一巡、やや押し上げられて引けた状態。安値圏で長めの下ひげで出現すると反発示唆。

  • 陰の大引け坊主

    陰の大引け坊主

    始値から一旦値下がり、終値にかけて値上がりで終わった状態。安値圏だと売りが止まり買い優勢となり以後の上昇期待。高値圏だと売りが優勢になってきている可能性を示唆。

  • 小陰線

    小陰線

    価格が下がったまま弱い持ち合い状態。売り買いのエネルギーが拮抗している状態です。

  • 下影陰線

    下影陰線

    小陰線の下に長いヒゲが伸びた陰線。買い勢力が押し上げた形。

  • 上影陰線

    上影陰線

    小陰線の上に長いヒゲが伸びた陰線。売り勢力に押し戻された形。

  • 十字線

    十字線

    上ヒゲも下ヒゲも比較的短い十字線。売り方、買い方共に思い切っては動けず、相場の様子見、打診売り買いで出来高も少ない状態。相場の流れが変わるときに現われやすいローソク足。

  • 足長同時線(寄せ線)

    足長同時線(寄せ線)

    上ヒゲ・下ヒゲ共に同じくらい長い十字線。売り買い共に力は拮抗している状態が表わされています。どちらかが勝れば、その方向に雪崩のように動く可能性あり。攻防の分岐点。

  • 四値同時線

    四値同時線

    上ヒゲも下ヒゲもない横一本の線。寄り付き後、上へも下へも行けず、取引手控え、勢いが止まった事を示唆。消極的な線といえます。

  • トンボ

    トンボ

    上ヒゲがない十字線。寄り付き後、売り方優勢で下落。買い方の勢い盛り返すが寄り付きを超えられず、高値圏に現れれば高値を買い上る勢いが衰えてきたこと、また、底値圏に現れれば押し戻す買い勢力を暗示します。

  • 塔婆(とうば)

    塔婆(とうば)

    下ヒゲがない十字線。寄り付き後、買い方が買いあがったが、勢いが続かず、大引けには寄り付きの値段まで戻る。高値圏では買い方と上売り方の力が接近し上げ止まりを暗示。それ以外の場面で現れれば、小休止を暗示するローソク足。