ローソク足のとは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

ローソク足とは、始値、終値、高値、安値の四本値を表したものです。

ローソク足の見方

ローソク足には陽線と陰線の2種類があり、陽線と陰線でその意味合いは変わります。
ローソク足には陽線と陰線の2種類があり、陽線と陰線でその意味合いは変わります。
陽線とは始値より終値が高い状態のことで、陰線は始値より終値が安い状態のことです。
陽線の場合、始値から安値を通って高値へ進み、やや下落して終値となります。
陰線の場合、始値から高値をとって安値へ進み、やや上昇して終値となります。

ローソク足

陽線の種類と意味

陽線にも様々な種類があり、上昇期待の強さを表すものや売買の拮抗状態を表すものがあります。ヒゲの状態で分類して意味をしっかりと把握しましょう。

ローソク足

大陽線:上下のヒゲが短いローソク足のこと。相場の強い上昇の期待を表す。

ローソク足

陽の丸坊主:ヒゲのないローソク足のこと。買い優勢の状態を表し、安値圏で出現した場合は相場上昇転換シグナル。

ローソク足

陽の寄付き坊主:寄り付いた後大幅に上昇、取引終了まで続かずに押し戻されて引いた状態を表している。高値圏で長めのヒゲがつくと下落の可能性が高くなる。

ローソク足

小陽線:相場価格上昇後、その上昇したままの状態で強い保ち合いをしているときに表れる。売買拮抗状態。

ローソク足

下影陽線:下にヒゲが大きく伸びているもの。買い勢力優勢状態。

ローソク足

上影陽線:上にヒゲが大きく伸びているもの。売り勢力優勢状態。

陽線の種類と意味

陰線=相場の下落ではなく、その後のトレンド転換のサイン、拮抗状態の示唆等の様々な意味があります。陽線同様、ヒゲの状態で分類して把握していきましょう。

ローソク足

大陰線:強い売り優勢状態を表している。

ローソク足

陰の丸坊主:売りが圧倒的に優勢な状態。天井圏で出現した場合、下降トレンドへの変換を暗示する。

ローソク足

陰の寄付き坊主:寄り付いた後大幅に下落、取引終了まで続かずに押し上げられ引いた状態を表している。安値圏で長めのヒゲがつくと上昇の可能性が高くなる。

ローソク足

陰の大引け坊主:始値から下降した後、終値にかけて価格が上昇して終了した状態を表す。安値圏では買い優勢、高値圏の場合は売りが優勢になりつつある状態を示している。

ローソク足

小陰線:相場価格が下落したまま弱い持ち合いをしているときに表れる。売買拮抗状態。

ローソク足

下影陰線:下にヒゲが大きく伸びているもの。買い勢力優勢状態。

ローソク足

上影陰線:上にヒゲが大きく伸びているもの。売り勢力優勢状態。

ヒゲの種類と意味

十字線:相場の流れが変わるときに表れる傾向にあるローソク足。相場全体が様子見状態で、売り、買い共に思い切って取引が行えない状態。

ローソク足

十字線:相場の流れが変わるときに表れる傾向にあるローソク足。相場全体が様子見状態で、売り、買い共に思い切って取引が行えない状態。

ローソク足

足長同時線(寄せ線):売買拮抗状態。この均衡が崩れるとその方向に相場が変動する傾向にある分岐点となる。

ローソク足

四値同時線:勢いが止まっている状態。消極的なローソク足。

ローソク足

トンボ:高値圏に現れた場合は買い上りの勢いの減退、底値圏に現れた場合は押し戻しの買い勢力の上昇を表している。

ローソク足

塔婆(とうば):高値圏では売買双方の力が接近して上げ止まりを表す。高値圏以外では相場の変動が一旦休止となることを表している。

それぞれの意味を押さえて上手な取引を

陽線、陰線、ヒゲといってもそれぞれに異なる意味があるため、ヒゲの状態やローソク足の長さによってその後の相場の状態を予測するすることができます。上手に取引を行い収益を増やす上で欠かすことが出来ないチャート分析の知識になるため、種類と意味をしっかりと覚え、チャート分析に活用していきましょう。