ストリーミング注文

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部

みんなのFXのストリーミング注文について解説します。

ストリーミング注文とは

ストリーミング注文はFX取引の基本中の基本です。「今このレートで買う(もしくは売る)」という注文方法です。

ストリーミング注文

みんなのFXのリアルタイム注文のやり方

【通貨ペア】…「USD/JPY」は米ドルと日本円間の取引を意味します。

【数量】…1万通貨単位をいくら買う(売る)かを決めます。みんなのFXは0.1Lotから選べます。

【スリッページ】…スリッページとは、売買ボタンをクリックしたときのレートから、実際に約定されるレートの差を意味します。レートの動きが激しい際に数pipsスリップすることがあります。スリ ッページとは、どれぐらいまでのスベリを許容とするかになります。

【レバレッジ】…最大25倍まで選べます。レバレッジが高いほど利益が大きくなりますが、損失も大きくなります。

【売買】…買い注文(ロング)か売り注文(ショート)かを選択します。
FXでは「買い」だけはなく「売り」から注文を始められるので、円安になっても円高になっても、自分の裁量で利益を出すことが出来ます。ちなみに、売りから入る注文を「空売り」といいます。
BID(ビット)…売るときのレート
ASK(アスク)…買うときのレート
そして、その価格差をスプレッドといいます。

これで、ストリーミング注文による新規注文の完了です。
この後の流れは「決済注文」です。
新規注文で【買】なら→決済注文では【売】
新規注文で【売】なら→決済注文では【買】
決済注文も、新規注文と同様に「成行」で決済も出来ますし、「このレートになったら決済」とか「このレートかあるいはこのレートになったら決済」などやり方はいくつかあります。

早速「みんなのFX」でFXをしよう!