FX用語:通貨単位とは

FXウォーカー編集部FXウォーカー編集部
通貨単位とは

FX用語『通貨単位』について分かりやすく解説します。

通貨単位とは

通貨単位とは、取引を行う際の売買単位のことです(1通貨単位は米ドルの場合1ドル、英ポンドの場合1ポンド)。FXでは扱える通貨の単位がFX業者毎に決まっており、日本の業者は『1万通貨単位』や『1,000通貨単位』からが主流となっています。

Lotとは

Lotとは

取引をする際は、このLot数を指定して取引を行います。1Lotあたりの通貨単位は業者毎に異なっており、日本のFX業者では主に『1Lot=1万通貨』『1Lot=1,000通貨』となっています。

小額での取引を行う場合

FXを始めたばかりでいきなり1万通貨を動かすのは不安・・・当然ですよね。世界情勢が不安定で大きな投資をしたくないタイミングもあるかと思います。そのような時は、通貨単位を減らして取引をしてみましょう。
通貨単位が『1Lot=1万通貨』の業者であれば、0.1Lotで1千通貨となります。最小の通貨単位は業者によって異なるため、初心者の方は最小通貨が少ないFX業者を選ぶのもポイントです。

1,000通貨単位に対応「外為オンライン」